二種免許は入社後に取るのが基本

タクシー

タクシードライバーは普通自動車第二種免許がなければ就けることができません。この普通自動車第二種免許自体独学で取得している人は皆無であり、取ろうとする人も皆無です。では、普通免許第一種しかもっていない人はタクシードライバーになることが出来ないかと言われますと、実際は普通第一種免許しか持っていなくてもタクシー会社には就職することは可能です。大半のタクシー会社は、普通免許第一種運転免許しか持っていない人に対して入社後に普通自動車第二種免許を取得させます。この時にかかる費用はタクシー会社側が肩代わりするか立て替えてくれます。ただ、中止したい点があり、一定期間在籍していないとこの制度は適用されず、一定期間前に退社した場合は取得費用全額請求されます。そして、最大のメリットはタクシードライバーとして働いていなくてもキチンと給料が支払われます。タクシー会社側は普通自動車第二種免許取得期間中もキチンと働いているとみなしているからです。ただ、あまり長期間に及んでしまいますと雇用契約を解除されることがありますので、最短期間で普通自動車第二種免許を取得するのが無難です。取得後は、タクシー会社での養成期間に入ります。ここからがタクシードライバーとしてのスタートラインに入ります。この養成期間中も給料が支払われますので、二種免許取得開始から養成期間終了までタクシードライバーとしてまともに働いていないのに給料が支払われるので、最初に関しては好待遇です。

当人次第で月収四十万はこえられる

男性

晴れて独り立ち出来てタクシードライバーとしての勤務がはじまります。ただ、最初の数か月は稼ぎ方のコツがわかりませんので、一日の売り上げは悲惨な数字になります。最初は誰もそんな風になりますのだ、大体のタクシー会社は最初の三か月間は最低保証額という制度を敷いています。これは、どんなに売り上げが悪くても、このくらいの給料は保証するものですよというものです。大体は月給30万円前後であり、独り立ち後の三か月間は売り上げの数字が悪くても30万円がはいります。ただ、最低保証期間が終われば基本給プラス歩合の給料形態になりますので、最初の三か月間がとても重要になります。歩合はタクシー会社によって違い、一日の売り上げが同じ金額でも歩合の算出方法がタクシー会社によって異なりますのでA社が50000円に対してB社が40000円と開きが出ることがあります。タクシー会社に就職する際に会社を選ぶ重要なのがこの歩合です。そのため、今の会社より歩合が良い会社に移籍するタクシードライバーはざらにいます。

広告募集中